英語学習日記

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 英語の勉強って継続力ですよね(03/16)
  3. 英語の勉強に復帰(05/13)
  4. 新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニング(10/05)
  5. BBC LEARNING ENGLISH 1(10/02)
  6. 新TOEICテスト対策にオススメの本(09/28)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語の勉強って継続力ですよね

2014.03.16(02:31)
結局英語を身につけられるかどうかって、継続力にかかっています。

TOEIC対策の勉強
会話力の向上

この2つを平行してやると、英語力はちゃんとついていきます。

TOEIC対策では、単語力、文法、読解力、リスニングが身につきます。

しかしTOEICの勉強だけでは、決してスムーズにしゃべれるようにはなりません。

やはりこれはアウトプットの経験がいります。

今はスカイプでフィリピン人講師と安く毎日のように英会話できますから。

その環境を生かさない手はありません。

モチベーションは人それぞれでしょうけども、英語の勉強を続けるには、

TOEICの点数が日々上がっていく
英会話ができるようになり、日々いろんなことをしゃべれるようになる

みたいな実感がないとなかなか続かないですよね。

そういう意味でも、スカイプの格安英会話はいいと思いますよ。

いろんな講師としゃべることで、それ自体が経験にもなりますし、楽しみにもなりますから。
スポンサーサイト




英語学習日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語の勉強に復帰

2010.05.13(14:24)
日本語字幕無しで映画、ドラマを見たり、新聞・雑誌を読んだりということはしていましたが、しばらく英語の学習はお休みしていました。

さび付かないように英文法の復習あたりから学習を再開したいと思います。

このブログでもその経過やTOEIC受験について触れて生きたいと思います。

よろしくお願いします^^



新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニング

2007.10.05(21:50)
新TOEICテストのリスニングセクション、
以前はアメリカ発音のみでしたが、現在はカナダ、イギリス、オーストラリアの発音が加わりました。
私もそうですが、米音に慣れた人にとって、ところどころ戸惑うところがあります。

このアルクから出版されている新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニングでは、同じ英文を4カ国の発音で収録しており、その違いを聞き比べながら学ぶことができます。

ありそうで意外と無いタイプのリスニング教材です。
4カ国の発音に苦手意識が強い人に、オススメの1冊です。

この1冊をやっておけば、少なくともTOEICの試験において発音の違いへの苦手意識はかなり無くなると思います。

もちろん「4カ国の発音」と言っても、実際にはカナダは米国発音に近いですし、オートストラリアは一部母音はクセがあるものの、ほとんどはイギリスの発音に近いので、実質2パターン+オーストラリアの[ai]に慣れておけば、TOIECには対応できると思います。

インド英語やフランス語なまりの英語ほどクセがつよくないので、米国発音を本当にしっかり聞けていてTOEICのリスニングで満点近く取れるようになっていれば、1単語発音が若干違っても、前後の文脈から推測可能なので、それほど意識しないでも問題ないとは思いますので、この本は
「リスニング初・中級者でアメリカ英語、イギリス英語のどちらかにリスニング経験が偏っている人、どちらかに苦手意識がある人」
にお勧めです^^

新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニング
新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニング
赤井田 拓弥

関連商品
新TOEICテスト「直前」模試3回分
Tactics for TOEIC Listening and Reading Test Student Book
新TOEICテスト文法800 (新TOEICテスト文法800―リーディングセクション「PART5」徹底練習)
TOEICテストPart7を1問1分で解けるようになる本―制限時間内に長文リーディングを最後まで
新TOEICテストが簡単になる本 リーディング編―基礎をじっくりやるのが本当の近道だ!
by G-Tools


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




BBC LEARNING ENGLISH 1

2007.10.02(19:24)
以前のTOEICテストのリスニングパートは北米の発音のみでしたが、新形式では他のリージョンの発音が含まれるようになりました。

私自身普段のリスニングの勉強をアメリカ英語で行っているため、若干こもった音に聞こえるイギリス英語が苦手でした。

この克服に非常に役に立ったのが、

BBC LEARNING ENGLISH 
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/

このサイトには英語学習者向けに、英語学習用にある程度単語をしぼった形のニュース記事から、文法、ビジネス英語まで幅広くのっていて、リスニングもできるようになっています。
これらのボリュームのあるコンテンツが無料。

さすがBBCです(笑)

イギリス英語の発音のリスニングが苦手な方だけでなく、リーディング、語彙力増強にも役に立ちます。

ニュース記事にはボキャブラリーの解説(英英辞典の記載のようなもの)がついており、語彙力増強、リーディング力向上にも役に立ちます。

また上級者は、英語学習者向けにカスタマイズされているニュース記事の関連リンクをたどることにより、実際の英語圏で読まれている関連する記事を読む事もできます。

インターネットでこのような語学教材が無料で使えるなんて、いい時代になりましたよね^^



新TOEICテスト対策にオススメの本

2007.09.28(21:31)
TOEICの形式が変更されてからまだ受けてない人にオススメの1冊が
アルクから出版されている

New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録] (アルク地球人ムック)New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録] (アルク地球人ムック)
ロバート・ヒルキ ヒロ前田




<目次>
1 まえがき
2 TOEICテストについて
3 New Version 対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド
 ・TOEICテストはこう生まれ変わった!
 ・新TOEIC 8つのポイント
 ・こうして始める新TOEICへの準備
4 新TOEICテスト パート別攻略法
 ・Part 1 写真描写問題
 ・Part 2 応答問題
 ・Part 3 会話問題
 ・Part 4 説明文問題
 ・Part 5 短文穴埋め問題
 ・Part 6 長文穴埋め問題
 ・Part 7 読解問題
5 CDトラック表
6 New Version 対応 TOEICテスト模擬試験問題
 ・解答用紙
 ・テストの手順
 ・解答と解説

まとまった内容で、旧形式と比べて、どこがどう変わったか、そしてどんな対策が必要かがPart毎に書かれており、わかりやすい内容になっています。

新しい形式の公式問題集を買っていないなら、この本の付属模試を1回やっておくだけでも結構違うと思います^^

もちろんまだTOEIC自体の形式に慣れていない場合は
定番のETSから出ている公式問題集がオススメです。

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)
Educational Testing 国際ビジネスコミュニケーション協会TOE




模試2回分でこの値段ですから、他の模試系の書籍よりは高いですけども、やはり公式問題集、質・レベルが本番と同等なのは確実ですからね・・・





| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。