英語学習本書評

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 英語教材完全ガイド(04/20)
  3. 「超音読」英語勉強法 留学経験なし! だけどTOEIC テスト満点!(04/09)
  4. 1日1分レッスン! 新TOEIC TEST英単語、これだけ 完結編(04/02)
  5. TOEICテスト公式プラクティス リスニング編(02/14)
  6. はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル(12/20)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語教材完全ガイド

2011.04.20(14:35)
プロが選ぶ英語教材ということで、かなり英会話教材について辛口のコメントが出ている本です。
その目次を見るだけでもかなり刺激的な内容になっているのがわかると思います。
英語教材完全ガイド【英語教材辛口ランキング50】目次
◆英語教材最新事情
◆TOEICのスコアを上げる最強の組み合わせ大発表!
◆TOEIC教材覆面調査!!
◆[ジャンル別]英語教材辛口通信簿
◆TOEIC編
◆英会話スクール編
◆ベストセラー本編
◆エンターテイメント編
◆通信教材編
◆NHK講座完全ガイド
◆英語教材辛口ランキング50
◆スピードラーニングはアリ? ナシ?
◆電子辞書4機種テスト
◆資格&検定格付けチャート
◆外国人講師【英語】座談会
◆英語「裏」マニアックス
◆スマートフォン×英語 最強の学習術
◆英語なんでもQ&A
◆TOEIC公式問題集で800点とる方法!!

とかなり分野を網羅した意欲的な内容になっています。

【送料無料】英語教材完全ガイド

【送料無料】英語教材完全ガイド
価格:580円(税込、送料別)



この本の中ではNHK系の語学教材、番組がかなり高い評価を受けてます。
確かにコストパフォーマンスが高いですし、教材のクオリティも高いと私も思います。

またTOEICの公式問題集も高い評価。これもある程度のレベルのTOEIC受験生であれば実感できるところではないでしょうか。

そして相当宣伝費をつぎこんでいるスピードラー○ングをかなりこきおろしています。
私も値段分の価値があるとは思いませんし、聞き流すだけで英語の実力がつくとも思えないので、オススメできない教材だとは思いますが、ここまではっきり厳しい意見を書いている本はなかなかないのではないでしょうか。

実際に超人気若手プロゴルファーを広告塔にして、イメージアップをはかっているため、一般のイメージはそれほど悪くないんですよね・・・

そしてこの本では、ロゼッタストーンのほうは好評価。
こちらは私は自分でさわったことないのでコメントしませんが、いい値段しますよね。

ショッピングセンター内でよく特設ブースをみかけますが、良く出来ているんだと思いますけど、やはり値段が高いですよね・・・




スポンサーサイト




「超音読」英語勉強法 留学経験なし! だけどTOEIC テスト満点!

2011.04.09(01:22)
「超音読」英語勉強法 留学経験なし! だけどTOEIC テスト満点!の感想。
この本は、タイトルにあるように英語の勉強において"音読”の大切さを解説しているわけですが、リスニングの勉強をするために、英語を聞き続ける、という勉強法の問題点についても書かれていますが、まったく同感です。

音読が主体的な勉強法であるのに対し、聞き続けるというやり方のリスニングの勉強は受身であり、聞き続けているということに満足してしまう可能性があります。

少なくとも、初めて聞いたあるまとまった意味のあるコンテンツを1回目で半分以上理解できる、すなわちあらすじはわかるというレベルに達していなければ、聞き続けることが効率がいいとは思いません。

確かに英語の音に慣れるというのはありますけども、そこはある程度聞けば慣れますし、聞き取れていない部分が、いつまでも聞き取れないということの解決になりづらいです。

リスニングは移動中や、何か他のことをしているときに、ながら、でできる勉強なのでやりやすいのは事実ですが、家で机に向かうなり、どこかで集中できる環境のときは、文法でも、音読なりを行うべきですし、リスニングをやりたいのであれば、聞きながら書く(ディクテーション)、聞いたことをちょっと遅れで自分の口からも発声し続ける(シャドウイング)にするべきです。

そのあたりを感覚的にではなく、ちゃんと理由を説明しながら解説してくれ、また音読の勉強に役に立つやり方解説に優れた良書だと思います。

「超音読」英語勉強法 留学経験なし! だけどTOEIC テスト満点!内容紹介
・勉強法の中心となるのは、「英語を速く読む」こと。いろいろ工夫して読むことで英語脳が作れます。
 リスニングもスピーキングも心配なし。
 英語を理解して読めるようになるだけで、聞く力・話す力が驚くほど身につきます。
・著者自らの独学体験をもとに、飽きずに長く続けられるコツも満載です。
 「ハミングのシャドーイング」「半身浴音読」「音読チョップ」「舌打ちしながら話す」・・・等々、誰でも今すぐ始められることばかり。
 「リスニングいらずの勉強法」を今日から試してみてください。

野島 裕昭 (著)  日本実業出版社






1日1分レッスン! 新TOEIC TEST英単語、これだけ 完結編

2011.04.02(08:14)
2006年に発売され、好評だったTOEIC対策の単語集、1日1分レッスン!TOEIC Test 英単語、これだけが、2011年3月、完結編が発売されました。
この本の特徴は、文庫本なので持ち歩きやすいこと、そしてTOEIC頻出の単語にしぼって、それを見やすく、わかりやすい形で学習できる点です。

逆に、網羅的な単語集に比べると、掲載単語集は比較的少ないです。
いままでTOEICの単語集を買ってもなかなか1冊やり遂げられない人には、こちらがオススメです。

ちなみに掲載単語は、TOEICという視点でみると、実践的で効果的なものが多いですが、一般英会話という視点で、基礎の単語というわけではありませんので、やはりTOEIC学習者向きの英単語学習本だと思いますのでご注意を。

1日1分レッスン! 新TOEIC TEST英単語、これだけ 完結編
企業の英語公用語化が加速し、ますますTOEICテストでも高得点が求められています。公開テストを毎回受験している著者が、その実体験から分析した、本当によく出る最新の単語と熟語を今回も厳選! さらなる得点アップを目指す人に最適です。
中村 澄子 (著)  祥伝社



こちらは2006年発売のほう






TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

2011.02.14(02:12)
TOEICテストの運営機関であるETSが製作した公式のテキスト、「TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
」が出版されましたね。
TOEIC350点~730点程度の人を対象となっていますが、300点~600点ぐらいの人をターゲットにしたTOEICリスニングの初歩、というテキストです。
CD3枚付きで、リスニングの訓練を段階を踏んで行う構成になっています。
まず、キーワードをつかむための訓練。
つぎに概要、詳細をつかむ訓練。
そして上記の内容をTOEIC形式の問題で訓練
最後に、本番形式での問題

ある程度リスニングができる人なら、TOEICの試験ってこういう聞き方してくるよなーと思う内容そのままなのですが、TOEICのリスニングセクションがさっぱりわからない、という人は、どういうポイントが設問となるのかを理解するというのは、勉強のとっかかりにはいいと思います。

そういう意味で、中級者以上のかたは、もう少し実践を繰り返すタイプの教材のほうが、身になるかと思います。

TOEICで何を聞こうとしているのかわからないという学習者にはオススメですが、それ以外の方には物足りないかもしれませんが、公式テキストってつい買っちゃうんですよね・・・・

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編概要
TOEICスコア350点~730点程度の方を対象に、リスニングセクションのPart1~4をテーマ別に学習。
段階を追った練習問題をこなしながら、TOEIC形式の問題に解答するスキルを少しずつ身につける構成。

目次(出版社HPより引用)
【本誌(全160ページ)】
・TOEICテストについて
・Part 1 写真描写問題(Unit 1~3、Challenge 1)
・Part 2 応答問題(Unit 4~8、Challenge 2)
・Part 3 会話問題(Unit 9~11、Challenge 3)
・Part 4 説明文問題(Unit 12~14、Challenge 4)
【解説編(全160ページ)】
・スクリプトと訳、正解、TOEIC形式問題の全解説
・Words & Phrases(各会話やトークの重要語句のまとめ)
・ボキャブラリーリスト(Challenge 3, 4より抜粋)

Educational Testing Service (著)






はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

2010.12.20(22:48)
新しくTOEICを受ける方がTOEICの公式問題集で慣れるというのは正解ですが、この書籍
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
は形式に慣れるだけではなく、各PARTの対策、出題傾向、ポイントがわかりやすく解説されており、まさにTOEIC対策本としては、入り口の1冊として、良著だと思います。

実際に結構大きな規模の書店さんでTOEICコーナーが充実しているところでも、かなり推奨されており、目立つ場所においてあります。それだけ支持されているのだと思います。

確かにこれだけ使いやすい教材で、お、なるほどこういうポイントがあったか、こういう勉強が必要だな、こういう間違いしているな、と気づきを与えてくれる書籍です。

何度もTOEIC受験している人も、模試代わりにこの本を勉強して、苦手なPARTで新たな対策が見つかるかもしれません。
なかなか中身のつまったオススメの1冊。

TOEIC対策、勉強中のかたはぜひ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル内容紹介
累計51万部突破!圧倒的な支持を受けるカリスマTOEIC講師がついに明かす、TOEIC受験のツボのツボ。
本書の特長】
・申し込み方法、受験当日の流れからスコアの読み方までTOEIC初心者に役立つ情報を、まとめて掲載。
・TOEICの専門家だからこそ書ける、全パートの出題傾向の徹底分析。
・本番直結の精選問題:本試験の内容にぴったり寄り添った練習問題で、正解のコツはもちろん、頻出単語もしっかり身につきます。手薄になりがちな長文読解パートもがっちりカバー。
・ていねいな各問解説:不正解の選択肢の説明も充実。
「なぜこの問題を間違えたのか」をきちんと理解することで、得点力が格段にアップします。






| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。