2007年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 新TOEICテスト対策にオススメの本(09/28)
  3. ディクテーションの初歩(09/27)
  4. TOEIC600点までの勉強法 1(09/24)
  5. TOEIC470点までの勉強法 4 (09/23)
  6. TOEIC470点までの勉強法 3(09/22)
  7. TOEIC470点までの勉強法 2(09/21)
  8. TOEIC470点までの勉強法 1(09/20)
  9. 新社会人時代の私と英語(09/19)
  10. 学生時代の私と英語  その4(09/18)
  11. 学生時代の私と英語  その3(09/17)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新TOEICテスト対策にオススメの本

2007.09.28(21:31)
TOEICの形式が変更されてからまだ受けてない人にオススメの1冊が
アルクから出版されている

New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録] (アルク地球人ムック)New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録] (アルク地球人ムック)
ロバート・ヒルキ ヒロ前田




<目次>
1 まえがき
2 TOEICテストについて
3 New Version 対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド
 ・TOEICテストはこう生まれ変わった!
 ・新TOEIC 8つのポイント
 ・こうして始める新TOEICへの準備
4 新TOEICテスト パート別攻略法
 ・Part 1 写真描写問題
 ・Part 2 応答問題
 ・Part 3 会話問題
 ・Part 4 説明文問題
 ・Part 5 短文穴埋め問題
 ・Part 6 長文穴埋め問題
 ・Part 7 読解問題
5 CDトラック表
6 New Version 対応 TOEICテスト模擬試験問題
 ・解答用紙
 ・テストの手順
 ・解答と解説

まとまった内容で、旧形式と比べて、どこがどう変わったか、そしてどんな対策が必要かがPart毎に書かれており、わかりやすい内容になっています。

新しい形式の公式問題集を買っていないなら、この本の付属模試を1回やっておくだけでも結構違うと思います^^

もちろんまだTOEIC自体の形式に慣れていない場合は
定番のETSから出ている公式問題集がオススメです。

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)
Educational Testing 国際ビジネスコミュニケーション協会TOE




模試2回分でこの値段ですから、他の模試系の書籍よりは高いですけども、やはり公式問題集、質・レベルが本番と同等なのは確実ですからね・・・

スポンサーサイト




ディクテーションの初歩

2007.09.27(06:50)
リスニングの勉強の際、集中して聞く、聞き流す感じてたくさんの量を聞く、の両方があると思いますが、集中して聞く場合の勉強法の基本となるのが、ディクテーションです。

聞きながら書くという作業を通じて、どの音が聞き取れていないのかをしっかり把握できるとともに、聞き取れなかった部分を前後の文脈から推測する力もついてきます。

この学習法にすでに慣れている方は、各自のレベルにあったリスニング教材を使えばいいと思いますが、ディクテーションを始めて行うリスニングが苦手な方にオススメの教材が

ゼロからスタートディクテーションゼロからスタートディクテーション
宮野智靖


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

書籍内容
リスニング力をつけるには「音=文字」を一致させながら、厳密に聞くという練習が不可欠です。聞き取り練習で応用自在のリスニング力を養成する1冊。1日10分の書き取り学習プログラム。短文から会話・ニュースまでさまざまな素材で練習できます。

目次:
1 基本音声ドリル(母音を聞き取ろう
 子音を聞き取ろう
 脱落音に慣れよう ほか)
2 日常会話を聞き取ろう(あいさつ
 親子の会話
 友達同士の会話 ほか)
3 長文リスニングに挑戦(公共・広告アナウンス
 ビジネススピーチ
 ニュース ほか)
4 リスニング&ディクテーション修了試験

リスニングの基本となる母音、子音、音の変化の聞き取りから始まり、徐々に内容が増えていく構成になっており、TOEICのリスニングセクション対策にちょうど良い内容になっています。

この本の副題になっている
「毎日10分の書き取り練習がリスニング力を驚異的に向上させる」
はそれほど誇張でもなく、オススメの教材です^^






TOEIC600点までの勉強法 1

2007.09.24(20:26)
TOEIC600点までの勉強法 1 英文法編

中学レベルの英文法の基礎が身についたあとは、いよいよTOEICに向けて文法知識を補強していきます。
ここで言う文法は、構文の知識に加えて、細かい語法や単語の知識の部類が増えてきます。

こちらのTOEICの文法対策の本1冊をやりこめば、600点どころか、730点以上のレベルまで十分対応できると思います。

新徹底攻略TOEIC TEST文法―New Version対応
新徹底攻略TOEIC TEST文法―New Version対応
川端 淳司

関連商品
新徹底攻略TOEIC TESTリスニング―New Version対応
新徹底攻略TOEIC TEST単語―New Version対応
徹底攻略TOEIC TESTリーディング―New Version対応
TOEICテスト900点をめざす英語学習法
NewVersion対応版 TOEICテスト900点を突破する集中トレーニング
by G-Tools


目次:
1 自分の英語力を確認するための章
2 PART5&PART6を徹底的に攻略するための章(品詞の選択問題
単語の選択問題
動詞の語形選択問題
前置詞・接続詞・代名詞・関係代名詞の選択問題)
3 TOEIC PART5&PART6模擬テストの章
4 英文法の力を高めるための章(名詞・代名詞・形容詞・副詞・冠詞 ほか)

この本の前半は、TOEIC試験に則した16の必修パターンを取り上げ、Part5,Part6対策になっています。
後半は、文法項目全体のポイントを307の必修パターンとして整理し、知識に抜けが無いか、どの文法項目が苦手かチェックできます。

この本は1つ1つの文法項目の解説量は少ないので、苦手な部分があればある程度の分量があるTOEIC対策ではない英文法の本の解説を読んで補強しておきましょう。

昔からの定番 ロイヤル英文法などが、英文法の参考書としてオススメです。

ロイヤル英文法―徹底例解
ロイヤル英文法―徹底例解
綿貫 陽

関連商品
ロイヤル英文法問題集
表現のための実践ロイヤル英文法
英文法解説
教師のためのロイヤル英文法
表現のための実践ロイヤル英作文法問題演習
by G-Tools


こういうタイプの本は、勉強の軸に使うよりも、辞書的に使うほうが効果的だと思います。
頭からやりだすと、量が多くてきりないですしね。

英語の勉強は継続こそが力なので、続けにくい方法では意味がないので^^




TOEIC470点までの勉強法 4

2007.09.23(23:03)
TOEIC470点未満の人にお勧めの作業
4 英語の文章を読むときに、英文の構造を理解するために前に戻るという習慣をなくす.

英語の学習をする際に、意識したいポイントの一つに、英語の語順に慣れることがあります。

私自身、中学校の英語の英文和訳の授業で主語を読んだ後、後ろから訳すと教わりましたし、そう覚えている方も多いのではないでしょうか?

確かに自然な日本語に訳そうとするときは、そのパターンで対応できなくも無いですが、語学として身に着ける場合、当然前から順番に意味を理解していかないと、長文読解やリスニングに支障をきたします。

私自身学生の頃のリスニングは、文の最後まで聞いてから、前に頭の中ですばやく戻り整理する、という無茶な考え方をしていました。

このクセがついている方は、リスニングの時だけでなく、特に長文読解の時に、前に戻らない読み方をして下さい。具体的には関係代名詞や関係副詞の前後等が出てきても、前から順番に意味を理解するよう意識してください。

学生時代英語の5文型というものを学んだと思いますが、これこそ英語の語順で理解するための学習です、本来は。

次の単語が何がくるか、日本語だったら当然頭の中で自然にやっている作業なので、これを英語でできるように訓練しましょう。

英語の語順で理解し、構文の知識を学ぶことが、次の単語の推測力、すなわち、動作の対象となる人or物がきそう、とか理由が説明される等の予測が成り立つことにより、より精度の高いリスニングが可能となります。

いきなり最初からは無理でも、英語の語順で理解する訓練をずっとしていれば自然と身についてくると思いますので、頑張りましょう!





TOEIC470点までの勉強法 3

2007.09.22(22:20)
TOEIC470点未満の人にお勧めの作業
3 英単語は他の勉強で出てきた単語のうちわからないものを英和辞典などで調べ覚える。この段階では英英辞典には手を出さない。

英単語の学習は前後の文脈も含めて覚えるのが有効です。
特に英文法や、リスニングの基礎教材で出てくるような基本単語は、文章ごと覚えるぐらいのつもりで学習する方が、個々の単語暗記の本を使うようりも効率が良いと思います。

ある程度英語の文章が読めるようになってから使うと、英英辞典も有効ですが、英語初心者は辞書引くだけで一苦労して疲れてしまいます。

英単語の意味を英語で理解する、というのはTOEIC600点以上になってからで遅くないと思います。

どうしても英英辞典を使いたい場合は、
ロングマンベーシック英英辞典
ロングマンベーシック英英辞典

関連商品
こんなこともできる英英辞典活用マニュアル
ロングマン現代英英辞典
ロングマンActive Study英英辞典 CD‐ROM付
絵で見る英語BOOK〈2〉 (スルーピクチャーズシリーズ)
絵で見る英語BOOK〈3〉 (スルーピクチャーズシリーズ)
by G-Tools


中学時代に習うような基本単語1,600で、見出し語7,800語の語義を簡潔に解説

のような初級者向きの辞書を選んでください。

私自身は英語で考える頭にするためには、いずれ英英辞典は必要だと思います。英和辞典だとわからないニュアンス等も最終的にはでてきますし。
ただTOEIC470点未満のレベルの方が、英語の勉強を始める時に、これを使うとこの作業だけで疲れてしまい、勉強の持続が難しくなると考えているだけです。
英語の勉強は継続こそが力につながる典型的な分野だと思います。
無理の無い範囲で続けるためには、序盤は単語はさっと調べて理解できる辞書で負担を減らしましょう^^

単語を覚えるための本も、もう少し先で良いと思いますが、
使うのであれば、長文を読みながら含まれている単語を覚えていく形式の、
速読速聴・英単語 Basic 2200
速読速聴・英単語 Basic 2200
松本 茂

関連商品
速読速聴・英単語Daily1500―単語1200+熟語300
速読速聴・英単語 Core1900ver.3―単語1400+熟語500
総合英語Forest
まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
by G-Tools


のような本が良いと思います。

この本は、native speakerが書き下ろしたオリジナル英文約80本を読むことを通して、中学及び高校初級程度の教科書レベルの単語+熟語・表現を総復習することを目指しています。

ただいずれにせよ、あまりいろいろな教材に手を出すと、本を買ったことで勉強した気になってしまい、身につかないという事態に陥りがちなので、気をつけてください^^

私自身ダンボール4箱分ぐらい英語の学習の教材や本を持っていますが、やりこんで役に立ったと言えるのは10分の1もありません・・・





TOEIC470点までの勉強法 2

2007.09.21(23:54)
TOEIC470点未満の人にお勧めの作業
2 リスニングは英語の音に慣れる 

英語のリスニングの初期段階でオススメの勉強法は、

1)まず何も見ないで聞き、意味を理解できるかどうか確認する。

2)何度も繰り返し聞き、内容を書いてみる。

3)書いた内容をテキスト本文と比べ、どこが聞き取れていないのか、
 どの音のつながりを聞き取るのが苦手なのかを確認する
 (音のつながりとは、単語と単語が結びつく事によって単独ででてくるときとは発音が変わるようなケース)

4)耳で再度聞きながら、テキスト本文を読みながら同時に口に出して発音する
 その際、聞き取れなかった部分の音のつながりを意識する。

5)耳で聞いた音を、1、2秒遅れでそのまま口に出す。
 (テキスト本文は見ない)

音のつながりを聞き取れていれば、4)を飛ばして5)で良いと思います。

この勉強法でかなり基礎リスニング力は向上すると思います。

この練習でオススメの教材は、

よりぬき英会話入門 (5) (NHK CD Book)
よりぬき英会話入門 (5) (NHK CD Book)
遠山 顕

関連商品
だれでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
遠山顕の5ワード英会話―短い言葉で気持ちが伝わる表現集
決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)
遠山顕のひらけ英会話の素―英会話の材料と作り方 (語学シリーズ―NHKラジオ英会話入門)
英語スピーキングマニュアル 基礎編―あいさつから始める10の表現術 (CD book)
by G-Tools


のシリーズ。
NHKラジオ英会話入門の内容がコンパクトにまとまっていて、コストパフォーマンスが高いです。何しろ1冊で約100回分の放送内容が凝縮されており、CDが2枚ついています。

それから英語の音に慣れる参考書は

英語耳 発音ができるとリスニングができる
英語耳 発音ができるとリスニングができる
松澤 喜好

関連商品
英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター
単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1
単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 実践編Lv.2
海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応
英単語・熟語ダイアローグ1800―対話文で覚える
by G-Tools


もオススメです^^



TOEIC470点までの勉強法 1

2007.09.20(18:58)
TOEIC470点未満の人にお勧めの作業は

1 中学時代の英文法の復習
2 リスニングは音に慣れることを中心に
 ・NHKラジオ英会話入門
 ・TOEICリスニング教材の入門編
 の2つに絞る。
3 英単語は上記の勉強で出てきた単語のうちわからないものを調べ、覚える。この段階では英英辞典には手を出さない
4 英語の文章を読むときに、英文の構造を理解するために前に戻るという習慣をなくす

の4点です。

1 中学時代の英文法の復習
470点未満の方が英語の勉強を始める際、一番初めに中学校の英文法を復習することをオススメします。

中学英語と侮ることなかれ。
英文法の大事な部分の大半が中学時代の学習内容につまっています。

中学時代に勉強に使った本が残っていて、かつその教材が独習向きであれば、その本を復習すれば良いですし、無い場合は、

くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで (スーパーステップ) (スーパーステップ)
くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで (スーパーステップ) (スーパーステップ)

関連商品
くもんの中学英単語1480 (スーパーステップ)
くもんの中学英文読解―中学1~3年 (スーパーステップ)
スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)
高校英語入門 高校初級用 書き込み式20日間完成 (書き込み式 20日間完成)
くわしい英文法ステップアップ問題集―中学1~3年 (シグマベスト)
by G-Tools


がオススメです。

中学時代の英文法を思い出すのに適している1冊です。

英文法の復習をきちっと押さえれば、リーディングのスキル、基本的な文章は辞書を引きながらであれば読む事ができるようになります。
わからない単語を辞書で調べても文章を読んで理解できない場合、ボキャブラリーを増やしても理解できるようになりませんし、ましてリスニングで同じ内容を聞いてもわかるはずありません。

まずは読解力をつけるための英文法、すなわち構文を把握する力をつけることが最優先だと思います。

上記の英文法の本だけだと読む力に結びついていないように感じる人には、
くもんの中学英文読解―中学1~3年 (スーパーステップ)
くもんの中学英文読解―中学1~3年 (スーパーステップ)

関連商品
くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで (スーパーステップ) (スーパーステップ)
くもんの中学英単語1480 (スーパーステップ)
くもんのハイレベル中学英語―文法・作文 スーパーステップ
くもんの中学英語リスニング―中学1~3年 スーパーステップ
スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)
by G-Tools

もオススメです^^



新社会人時代の私と英語

2007.09.19(16:47)

入社し、海外研修に参加したわけですが・・・
まず、講師の話が早くてあまり聞き取れませんでした。そもそも英語自体を学ぶ研修というわけではないので、カリキュラムは詰め込まれていましたし、あたりまえなのですがナチュラルスピードの英語でした。
私にとって英語を勉強した事はあっても、「英語で何かを学ぶ」ということ自体、初めての経験でした。 昼間聞き取れず理解していないまま置いてかれた分は、夜テキストを読み込むことでカバーしました。 辞書を引きながら読む分にはなんとか読めるので、ひたすら読んで復習・予習をしました。


その後OJTとして米国のプロジェクトに参加できる機会があり、私の社会人として最初の配属は米国でのプロジェクトでした。
自分でレンタカー借りたり、生活インフラを整える、という経験も初めてでした。仕事においても、何かできると認められるまでは、平気で「日本に帰りたいって、日本の事務所に言いなさい」とか言われたり、早口で何か説明された際に「もう一回ゆっくり言ってくれますか?」と聞き返したら、もう一度早口で言われ、わからないと伝えると、「おまえのようなやつには、どう説明したらいいかわからない」と、このセリフだけ妙にゆっくりはっきりと言ってきたりと、かなり悔しい思いをしました。


この経験が私の闘争心といいますか、向上心に火をつけ、「絶対英語を使えるようになってやる!」 と決めたのでした。 こうして私も英語の勉強に真剣に取り組むようになり、その当面のマイルストーンとして、定期的にTOEICを受けることにしました。





学生時代の私と英語  その4

2007.09.18(00:23)
大学4年の秋頃、4月から入社する予定の会社から、
「4月下旬から7週間の研修でアメリカに行くので、準備しておくように。」
という連絡が来ました。

この時点で一度も海外に行ったことがなかった私は、TOEICの勉強を始めたばかり、かつ会社の研修が初海外とは二重に不安なので、私は春休みに卒業旅行として1ヶ月ほどアメリカ(サンディエゴ)に行くことに決めました。

なぜサンディエゴだったかというと、場所で選んだのではなく、当時大学生協に張ってあったプログラムに、ボランティアホームステイという格安で1ヶ月アメリカに行けるプログラムがあったためです。
あちらでいくつかのボランティア活動に参加するかわりに、ホームステイが無料になる等、学生が格安であちらに滞在できるように工夫されているプログラムでした。

具体的なボランティア作業は、教会で行われる食料の配給の運搬を現地のボランティア学生と合流して参加しました。

この初めていく海外体験は、非常に楽しい1ヶ月でした。
ホームステイ先の家族も、ボランティア活動参加者であるあちらの学生も、皆親切でしたし。
こちらが英語がたどたどしくても、ちゃんと聞いてくれるし、どうしても単語が出てこない(英語でその単語を説明できない)時に、辞書引く時間も待ってくれました。

あまりに人に恵まれていたせいか、TOEIC600点ぐらいでも、結構英語でもコミュニケーションできるな!と勘違いしてしまいましたが、その勘違いは新社会人生活で、粉々に打ち砕かれます・・・・




学生時代の私と英語  その3

2007.09.17(09:47)
大学4年の春、NHKのラジオ英会話入門の放送が編集されているCDブック
よりぬき英会話入門 (3) (NHK CD Book)
のシリーズを購入。

最初はCDを聞きながらテキストを見ずに、耳にしたものを口で繰り返し、書き取り、その後テキストを見ながら自分が聞き取れていない部分、推測できていない部分を徹底的に復習しました。

単語と単語がつながり、音が変わるというのを実感し、自分が苦手としている部分がこの勉強でかなり把握できました。

この頃、平行して文法の勉強もはじめましたが、家にあった大学受験で使った英文法の参考書を一読した後、

徹底攻略TOEIC文法編 川端淳司 氏
改定され、現在は 新徹底攻略TOEIC TEST文法―New Version対応 
という本を繰り返しやりました。

この2つの勉強をした段階で初めて受けたTOEICは600点でした。

450点前後のTOEIC初心者のリスニング教材に、NHKラジオ英会話入門が集録されているCDブックのシリーズは、非常にリーズナブルでコストパフォーマンスが高いと思います。

このぐらいが聞き取れていない時点で、英会話学校に入っても、もったいないと思います。(お金と時間に余裕がある人は別ですが・・・)

600点ぐらいまでは、文法の本1冊と自分にあったリスニングの教材で英語の音に慣らし、TOEIC試験前に、1冊試験形式に慣れるための問題集1冊をこなせば、TOEIC600点に届くと思います。

大学3年の私もそうでしたが、ついついいろいろな教材に目移りして、ちょこちょこ手を出してしまいますが、基礎の勉強のうちは1冊を繰り返しボロボロになるまで使うほうが、勉強の効率があがると思います^^

その4に続く





| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。