2008年11月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. TOEICテスト 第144回 2009年1月11日(日)(11/15)
  3. 発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック(11/02)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TOEICテスト 第144回 2009年1月11日(日)

2008.11.15(16:57)
ちょうどいま1月のTOEICの申込期間ですね。
今回久々に受けようと思い、準備中。

年末年始のお休み期間に勉強時間も取れそうですし。

忘れないで申し込まなきゃと思って公式HPをのぞいてみたら、
http://www.toeic.or.jp/

トレーニング教材らしきものが、いろいろのっていました
http://www.toeic.or.jp/square/basic/

うーん、いつのまに。

就職活動中の学生をターゲットにしたコンテンツも豊富になってますし、
TOEICのスコア別のアドバイスも結構丁寧に出てます。

ご参考まで。

まあ単に私が見逃していただけなのかもしれませんが、意外と盲点でした;;
スポンサーサイト




発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック

2008.11.02(13:26)
発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック の感想

久しぶりに出会った英作文の良著。もちろん英文読解、英語表現の学習にも役に立ちます。

1つの日本語文をネイティブが作成した複数の英語表現で説明してあり、和文英訳の際のポイントを学べます。

何か伝えたいことがあるときに、頭の中で英語でどう表現するか考えるときに、ヒントとなる考え方がちりばめられています。

こういう本って、ありそうでなかなか他にないですよね。

英作文やスピーキングなどの英語でのアウトプットが苦手な人に特にオススメです。

発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック 目次 
第1章 主語を何にするか
第2章 「時」をいつにするか
第3章 否定と肯定の考え方
第4章 受動態と能動態の使い分け 
第5章 微妙な言い回しの動詞のさまざまな訳し方
第6章 体の部分などを用いた表現
第7章 擬態語を効果的に訳す
第8章 比喩を用いた表現はその意味を見抜く 
第9章 慣用表現・決まり文句・諺などはどう訳すか
第10章 文法・語い・イディオムの総復習 

発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック 出版社による内容紹介
英訳例は各問題ごとに3~6例のバリエーションが示されており、日本語の文を様々な形で英語に訳すことができることがわかれば、どれが「正しい」訳であるかと必ずしも悩む必要はなくなります。
あなたの英語力は、様々な訳し方の可能性を考え学ぶことによって向上することになります。
取り上げられた問題文は時事的な話題が中心ですので、社会人の英語表現力アップはもとより、最近の大学入試英作文の傾向ともぴったりマッチします。二次試験に英作文が出題される受験生の対策にも最適です。
英訳例はすべて、著者バーナード氏により吹き込まれた音声データがアスクのウエブサイトよりダウンロードが可能で、耳からの学習にも効果大です。

クリストファ・バーナード (著), 勝見 務 (著)  アスク

発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック
発想転換で書く 和文英訳エクササイズブック
クリストファ・バーナード

関連商品
ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本
英語らしい英文を書くためのスタイルブック
“英語のしくみ”が見える[基本動詞 + 前置詞]イディオム1000
バーナード先生のネイティブ発想・英熟語
英文法の意外な穴―53Essays for Curious People
by G-Tools





| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。