スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TOEIC470点までの勉強法 4

2007.09.23(23:03)
TOEIC470点未満の人にお勧めの作業
4 英語の文章を読むときに、英文の構造を理解するために前に戻るという習慣をなくす.

英語の学習をする際に、意識したいポイントの一つに、英語の語順に慣れることがあります。

私自身、中学校の英語の英文和訳の授業で主語を読んだ後、後ろから訳すと教わりましたし、そう覚えている方も多いのではないでしょうか?

確かに自然な日本語に訳そうとするときは、そのパターンで対応できなくも無いですが、語学として身に着ける場合、当然前から順番に意味を理解していかないと、長文読解やリスニングに支障をきたします。

私自身学生の頃のリスニングは、文の最後まで聞いてから、前に頭の中ですばやく戻り整理する、という無茶な考え方をしていました。

このクセがついている方は、リスニングの時だけでなく、特に長文読解の時に、前に戻らない読み方をして下さい。具体的には関係代名詞や関係副詞の前後等が出てきても、前から順番に意味を理解するよう意識してください。

学生時代英語の5文型というものを学んだと思いますが、これこそ英語の語順で理解するための学習です、本来は。

次の単語が何がくるか、日本語だったら当然頭の中で自然にやっている作業なので、これを英語でできるように訓練しましょう。

英語の語順で理解し、構文の知識を学ぶことが、次の単語の推測力、すなわち、動作の対象となる人or物がきそう、とか理由が説明される等の予測が成り立つことにより、より精度の高いリスニングが可能となります。

いきなり最初からは無理でも、英語の語順で理解する訓練をずっとしていれば自然と身についてくると思いますので、頑張りましょう!





<<TOEIC600点までの勉強法 1 | ホームへ | TOEIC470点までの勉強法 3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://toeicdou.blog92.fc2.com/tb.php/9-bb1d7431
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。